紹介者メンバー
 関崎 芳幸
 小椋 崇之
 野口 弘人
 増田 雄介

 

「鳥居をくぐって、樹木のトンネルへ!」 参道のほかにも、小路や枝路がいっぱい。 人通りも少なくて散策にはおすすめです。
 この鳥居が本殿への参道の左側にある、自然コースへの入り口です。どうでしょうか、神宮の入り口の辺りから表参道の方と自然コースの方をぼーっと見比べたりしてみませんか?参道の方はいつものように人がごった返しています。そして一方では都会ではありえないような自然が広がっています。都会真っ只中にこのような森が存在し、それが口を開けています。入り口を抜けるとそれをもっと実感できることと思います。

 

16万本、240種類の樹木が繁る森。 図鑑を持って、ツリー・ウォッチングはいかが? 勿論、バード・ウォッチングもバッチリ。約50種の野鳥が集います。
 例え明治神宮が森に包まれていたとしても、やはり都会の中に存在するものです。森の切れ間から、新宿の都庁や最近できたNTTドコモビルなどが見え隠れします。それがよいか悪いかは別にして、この並木道を歩いている時はさほどそのようなことを考えず、並木をゆっくり見ることができます。また、並木というのはつくられたものであるわけですが、それがこのようにきちんときれいに並んでいると、僕は「いいもんだなぁ」なんて感じてしまいます。

 

代々木の森を代表する常緑広葉樹。 シラカシ・アカガシ・クスノキ・・・ 種から後継ぎ育ってる。まさに世代交代。
80年の歳月で成長した木々が生い茂り、風による僅かなざわめき、鳥の鳴き声がこだまする落ち付いた雰囲気の空間。森の計算された造成計画により、微妙な間隔をおいて木々の住み分けがされており、そこからの木漏れ日は一種独特の厳かさを醸し出している。

 

 

 

Copyright 代々木の杜80フォーラム