代々木の杜80フォーラム
 
神々と森と人のいとなみを考えるVol.11

― 水と信仰と暮らし ―

 

資源として利用するだけでなく、水に感謝し

神聖なるものとして尊んできた祖先達。

暮らしの中に潜む水への信仰を考える。

日 時 平成13年10月13日(土)午後13時〜
会 場 明治神宮会館(明治神宮境内)
※交通:JR山手線「原宿」駅・「代々木」駅/小田急線「参宮橋」駅/地下鉄千代田線「明治神宮前」駅下車/大江戸線「代々木」駅下車
主 催 代々木の杜80フォーラム運営委員会
後 援 産経新聞社 東京都農業協同組合中央会

出演者 (50音順)
薗田 稔(京都大学名誉教授)
樋口 忠彦(新潟大学教授)
吉田 敦彦(学習院大学教授)
*その他パネリストは現在交渉中です

 

参加者募集要項

募集定員:700名
※参加ご希望の方は、葉書またはFAX、ホームページ上にて 
 
お申し込み下さい。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

参加費:無料

宛 先:代々木の杜80フォーラム事務局

  〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町1−1 神宮会館内

電話 03(3379)9123
FAX 03(3320)6059


出演者プロフィール

■薗田 稔(そのだ・みのる)
昭和11年、埼玉県生まれ。東京大学文学部宗教学科卒業後、同大学院博士課程終了。
國學院大學文学部教授を経て、平成3年、京都大学総合人間環境学部教授に就任。
現在、秩父神社宮司、京都大学名誉教授。主な著書に「祭りの現象学」・「神道―日本の民族宗教」・「神道の世界」・「誰でもの神道―宗教の日本的可能性」などがある。

■樋口 忠彦(ひぐち・ただひこ)
昭和19年、埼玉県生まれ。東京大学工学部土木工学科卒業後、同大学院博士課程修了。
工学博士。現在、新潟大学工学部建設学科教授。主な著書に「景観の構造―ランドスケープとして
の日本の空間」・「日本の景観―ふるさとの原型 」(サントリー学芸賞受賞)などがある。建築学から、文学、芸術作品まで広く視野におさめた景観研究で注目されている。

■吉田 敦彦(よしだ・あつひこ)
昭和9年、東京都生まれ。成蹊大学政治経済学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科終了後、フランス国立科学研究所研究員、成蹊大学文学部教授を経て、現在、学習院大学文学部教授。
これまでに、山崎賞・サントリー学芸員・産経児童出版文化賞など受賞歴多数。主な著書に「縄文の神話」・「日本神話のなりたち」・「神話のはなし」・「水の神話」などがある。

 

 

 

 

Copyright 代々木の杜80フォーラム