ここ代々木の森は、80年前、若者たちがつくりました。

代々木の杜80フォーラム
神々と森と人のいとなみを考える Vol.7

― 森と宗教 ―

 

■日 時 平成12年10月29日(日)
13時〜17時 (開場12時30分)
■会 場 明治神宮会館(明治神宮境内)
※交通:JR山手線「原宿」駅・「代々木」駅/小田急線「参宮橋」駅/地下鉄千代田線「明治神宮前」駅下車
■主 催 代々木の杜80フォーラム運営委員会
■後 援 産経新聞社

 

プログラム(詳細は下記参照)
■第1部 講演 『鎮守の森を世界の森に』
講師 宮脇 昭(国際生態学センター研究所長)
■第2部 シンポジウム 『森と宗教』
パネリスト(50音順)
ケビン・ショート 自然史ライター
薗田 稔 京都大学名誉教授
宮脇 昭 国際生態学センター研究所長
山折 哲雄 京都造形芸術大学大学院長
コーディネーター
阿部 美哉 国学院大学学長
総合司会
高橋 南海 女優

 

参加者募集要項
■募集定員:700名
※参加ご希望の方は、葉書またはFAX、電話、ホームページ上にてお申し込み下さい。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■参加費:無料

■宛 先:
〒160-0012 東京都新宿区南元町13−7
代々木の杜80フォーラム事務局

電話03(3746)9417
FAX03(3746)7829

 

― 森と宗教 ―
 森は古くより神聖な場所とし信仰されてきました。森は生命をつかさどり、神霊のこもる聖なるところでありました。そしてその聖なる森を最も象徴しているのが「鎮守の森」です。今、自然環境問題の中で、「鎮守の森」にその解決策があるとして、わが国だけでなく世界が注目しています。
 今回は「鎮守の森」を通して、森と宗教の関わりをみなさんとご一緒に考えてゆきたいと思います。

 

出演者プロフィール(50音順)
■阿部 美哉(あべ・よしや)
昭和12年、大阪府生まれ。東京大学大学院宗教学修士課程修了。フルブライト・プログラムによりクレアモント大学大学院博士課程修了。ドクター・オブ・フィロソフィー。ウィスコンシン大学助教授、日本学術振興会・文化庁・文部省放送教育開発センター・放送大学教授を経て、平成6年、国学院大学文学部教授、11年同大学学長に就任。主な著書に『世界の宗教』『現代宗教の反現代性』『比較宗教学』等がある。
■Kevin・Short(ケビン・ショート)
昭和24年、ニューヨーク生まれ。自然史ライター。昭和47年来日、平成3年にはスタンフォード大学より博士課程取得。現在はナチュラリストとして、新聞、雑誌に自然に関するエッセイを寄稿するかたわら、テレビ、ラジオや自然観察会、講演会などの環境教育活動をおこなっている。主な著書に『ケビンの里山自然観察記』『ケビンの観察記−海辺の仲間たち』等がある。
■薗田 稔(そのだ・みのる)
昭和11年、東京都生まれ。東京大学大学院宗教学博士課程修了。56年國學院大學文学部・同大学院教授。平成3年、京都大学教授に就任。現在、秩父神社宮司、京都大学名誉教授、埼玉県神社庁長。主な著書に『祭りの現象学』『神道−日本の民族宗教』『神道の世界』『誰でもの神道−宗教の日本的可能性』、訳書『異端の時代−現代における宗教の可能性』等がある。
■宮脇 昭(みやわき・あきら)
昭和3年、岡山県生まれ。広島文理科大学理学部生物学科卒業。西ドイツ植生図研究所研究員、横浜国立大学教授などを経て、現在、同大学名誉教授、国際生態学センター研究所・長野県自然保護研究所所長、横浜市緑の協会特別顧問。理学博士。専門は植生生態学。主な著書に『植物と人間』『緑の証言』『緑環境と植生学−鎮守の森を地球の森に−』『森よ生き返れ』『鎮守の森』等がある。
■山折 哲雄(やまおり・てつお)

 

 

Copyright 代々木の杜80フォーラム

# 総合司会 ■高橋 南海(たかはし・なみ) 昭和45年、東京生まれ。東京大学卒業。平成5年NTV「外科医有森牙子 さよならスペシャル」でデビュー。平成7年和田勉のザ・ドラマスクール卒業(第一期生)。その他、NHKドラマ新銀河「赤ちゃんが来た」、映画「故郷」などの番組・映画に出演。週刊「たなぼたCLUB」執筆連載。

 

 

Copyright 代々木の杜80フォーラム