ここ代々木の森は、80年前、若者たちがつくりました。

代々木の杜80フォーラム
神々と森と人のいとなみを考える Vol.6

― 都会における森づくり ―

 

■日 時 平成12年9月24日(日)
13時〜18時 (開場12時30分)
■会 場 明治神宮会館(明治神宮境内)
※交通:JR山手線「原宿」駅・「代々木」駅/小田急線「参宮橋」駅/地下鉄千代田線「明治神宮前」駅下車
■主 催 代々木の杜80フォーラム運営委員会
■後 援 産経新聞社

 

プログラム(詳細は下記参照)
■第1部 講演 『都市と緑』
講師 伊藤 滋(慶應義塾大学大学院客員教授)
■第2部 トーク 『都会における森づくり』
出演(50音順)
阿川 佐和子 文筆家
伊藤 滋 慶応義塾大学大学院客員教授
平野 秀樹 林野庁国有林野総合利用推進室長
総合司会
高橋 南海 女優
■第3部 映画上映 『もののけ姫』

 

参加者募集要項
■募集定員:700名
※参加ご希望の方は、葉書またはFAX、電話、ホームページ上にてお申し込み下さい。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■参加費:無料

■宛 先:
〒160-0012 東京都新宿区南元町13−7
代々木の杜80フォーラム事務局

電話03(3746)9417
FAX03(3746)7829

 

― 都会における森づくり ―
 東京をはじめ世界の大都市は新世紀を目前にして、人口の増加・都市機能の発達などにより、住環境の劣悪化・環境汚染・ヒートアイランド現象などさまざまな問題に直面しています。このような中で、日本をはじめ世界の都市で、新たな都市計画による環境整備へのさまざまな試みがなされていますが、現在最も注目されているのが「都市における森づくり」です。今回は都市と森との関わりや、森づくりをめぐる諸問題等について森づくりの先駆ともいうべき「代々木の森」で、みなさんとご一緒に考えてゆきたいと思います。

 

出演者プロフィール(50音順)
■阿川 佐和子(あがわ・さわこ)
昭和28年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業。昭和58年以降、TBSテレビの「情報デスクToday」「筑紫哲也NEWS23」「報道特集」などのキャスターを務め、現在、テレビ朝日「たけしのTVタックル」に出演。主な著書に壇ふみとの往復エッセイ集『ああ言えばこう食う』(第15回講談社エッセイ賞受賞)、『ウメ子』(第15回坪田譲治文学賞受賞)などがある。
■伊藤 滋(いとう・しげる)
昭和6年、東京都生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。同大学工学部都市工学科教授を経て、平成4年より慶應義塾大学教授、東京大学名誉教授。現在、慶應義塾大学大学院客員教授、国土審議会特別委員、都市計画中央審議会会長、日本都市計画家協会会長等を務め、都市計画家として精力的な行動を続けている。主な著書に『市民参加の都市計画』『東京のグランドデザイン』など多数。
■平野 秀樹(ひらの・ひでき)
昭和29年、兵庫県生まれ。九州大学林学科卒業後、林野庁入庁。平成3年『森林都市構想』を起草、(社)森林都市づくり研究会を設立。6年博士号(森林社会学)を取得。8年国土庁防災企画官を経て現在、林野庁国有林野総合利用推進室長。著書に『森林理想郷を求めて』『森林と文明「文明と環境」第9巻』などがある。
総合司会
■高橋 南海(たかはし・なみ)
昭和45年、東京生まれ。東京大学卒業。平成5年NTV「外科医有森牙子 さよならスペシャル」でデビュー。平成7年和田勉のザ・ドラマスクール卒業(第一期生)。その他、NHKドラマ新銀河「赤ちゃんが来た」、映画「故郷」などの番組・映画に出演。週刊「たなぼたCLUB」執筆連載。

 

映画上映『もののけ姫』(宮崎駿監督作品)
■平成9年に公開され、日本映画史上空前のヒットとなった宮崎駿監督の代表作品。主人公のアシタカと山犬に育てられた少女サンとの出会いを中心に、荒ぶる神々と人間との壮絶な戦いの中で、人間と自然(神)がどのように接していかなければならないのか、現代社会に投げかけた傑作。
 

 

Copyright 代々木の杜80フォーラム